読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際教養大学(AIU)を日本全国に広め隊!4代目ブログ!

学生目線のAIU【Akita International University】を日本全国のみなさんに伝えたい!

ルームメイトと留学中の旅と

留学 日常生活

こんにちは、すぎなみ区んです。

 

そろそろセメスターも終盤に近づき、授業も大詰めを迎えてくる時期ですが、留学中だった昨年はこの時期すでに夏休みに突入していていろいろな所に旅をしていました。

その中でも特に印象的だったフランス旅行について今回は書いてみようかと思います。

 

続きを読む、からどうぞ!

 

さてさて、旅の話と言いましたが、タイトルにもあるようにルームメイトの話を先にしたいと思います。

 

AIUでは留学生と同じ部屋で共同生活できる!」

これは売り文句のひとつですが、必ずしも全員が留学生と共同生活しているというわけではありません

 

1年生は自分のルームメイトを選ぶことができないので完全に運次第、日本人とルームメイトになるか、留学生とになるか、はたまた一人になるか、の3つのうちからどれか一つがランダムに訪れます。一人の場合は短期留学生が部屋に滞在するケースもあったりと、いろいろありますが、人によっては全く留学生と共同生活せずに済んでしまうケースもあるのです。

2年生以降は学生宿舎のいずれかに応募した場合、自分でルームメイトを指定するか、大学側指定のルームメイトと住むか、の2択になります。どのくらいその学期に留学生が来ているかによるのでここでも必ずしも留学生と住めるとは限りませんが、今のところここで大学側指定のルームメイトを選んだ場合割と高確率で留学生とルームシェアをすることが可能です、男子の場合は特に。

 

さてさて解説じみた話になってしまいましたがここからは具体例として僕の話をしたいと思います。

入寮日にドキドキしながら手続きを終えたとき、手渡された資料の一つにルームメイトの名前が書いてある資料がありました。恐る恐る見てみると……出身:山口県

 

……日本人かーい!!(^◇^;)

結構ドキドキして入寮したのでちょっと拍子抜けでした。

 

運よく次のセメスターには山口出身の彼と相談の上アメリカ人の留学生と住むことができたので、ひとまずAIUの売りのひとつ「留学生との共同生活」はクリアしましたが、まだまだせっかくのAIU生活、もっともっといろいろな留学生と住んでみたい!と思った僕はその後のチャンスをすべて大学側指定ルームメイトに。

結果としてノルウェーフランス人と留学前に1セメスターずつ住むことができ、今はチェコのルームメイトと住んでいます!

 

 

さてさて旅の話をしましょう。

そう、フランスで僕が行ったのは、ブルターニュ地方にある以前のルームメイトの家でした!

ルームメイトと仲良くなると、国境を越えて遊びに行っちゃったりもするのです!!

 

f:id:aiuhirometai:20150706234333j:plain f:id:aiuhirometai:20150707000100j:plain

 

ちょっとしたホームステイ気分で数日滞在させてもらい、フランスの、ブルターニュの生活を体験することができ大興奮でした!写真のようなチーズが夕食に普通に出てきて、フランス人はほんとにチーズ大好きなんだな、と実感したりしました笑

まったく下調べをしていかなかったのでどんなところなのか知らなかったのですが、思いがけずフランスの家庭生活を満喫することができたのは本当にいい思い出です。パリだけ行ってフランスから帰ってしまわなくて本当によかったです。

 

 

長くなりましたが、ルームメイトと仲良くなり、留学中に旅の行き先のひとつとして彼の家を選び、楽しかったあの日が懐かしい、というお話でした。

ルームメイトに限らず、AIUに来る留学生が母国に帰った後に会いに行くケースはよくあります。友情は国境を超えるのです。AIUに入ってから、世界がますます小さくなったように感じます。また旅に出たいなあ。

 

以上すぎなみ区んでした。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。