読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際教養大学(AIU)を日本全国に広め隊!4代目ブログ!

学生目線のAIU【Akita International University】を日本全国のみなさんに伝えたい!

タケの留学準備!(アメリカビザ)

日常生活 留学 留学準備

こんにちは!久しぶりに記事を書くタケです。

秋田は最近ますます寒くなってきました。もう雪が降ってもいいんじゃないか?ってぐらい寒いです。

さて、AIU11期春入学の広め隊員は全員来年の 1 or 2月 から留学にいきます(冬出発)!888888

だがしかーしっ!留学に行く事が決まったものの、やらなければいけない手続きが色々とあるのです!(ちょい長め。暇つぶしにどうぞ)

 冬出発の学生は、今年の9月にどこの大学に行くのかが決まりました(AIU内での決定。まだ留学先大学には申し込んでいません)。その後に留学先の大学に留学申請をし、アクセプタンスレター(留学に来ていいですよーという入学許可の書類)が届きます。アクセプタンスレターを受け取ったということは正式に留学に受け入れてもらえるということなので、留学のためのビザの申請をします。

アメリカのビザは自分自身でオンライン申請もできるのですが、色々と記入する項目があって簡単に済ませることができそうにあらず、しかも何かミスや間違いがあると申請をやり直す必要があるので、私は代行業者(AIUが斡旋してくれる)に頼みました。代行してもらうために様々な情報を記入して送るのですが(アメリカ質問書というもの)、これが細かいことまで聞いてくる!(笑) 出生地(つまり生まれた病院の場所)や、中学•高校•大学の入学日と卒業日日にちレベルで聞いてくるのには驚きました。覚えとらんわ!(笑)

アメリカ質問書以外にも、英文の残高証明書(留学するためのお金がありますよ〜と示すため)、成績証明書在学証明書渡米目的の英文エッセイなどなどを準備する必要がありました。なかなか慎重ですね、アメリカ。ですがこの後にもっとガチガチな経験をすることになります(笑)。

代行業者に書類チェック及び米国大使館へビザ面接の申請をしてもらい、ビザ発給の許可をもらうためのビザ面接を受けに東京(人によっては別の場所を選択)の米国大使館へ行きました。東京の米国大使館は港区赤坂にあるのですが、周りにはお巡りさんがあちらこちらに。いかに重要な場所かが分かります。ゲートがある所には地面から出てくる型バリケード種類!車の強行突入は不可能でしょう。(笑)

まづ大使館の敷地に入る前にX線検査をします。携帯電話は持ち込む事ができないので預けます。また、他の電子機器類や飲食物も一切持ち込む事ができません(本などは大丈夫)。金属探知機を通った後、敷地に入ります。建物の入り口でも再び持ち物検査をするのですが、鞄の中も入念にチェック。許可されるとロックされている少々重た〜いドア(恐らく防弾仕様)を開けて入館します。これらの厳重なセキュリティーを通過した後は申請書を提出し、自分の番号が表示されるまで待ちます。だいたい30分ぐらいだったと思います。呼ばれると、ガラス越しのチケット売り場みたいな窓口で指紋を登録します。その後に別の同じような窓口で大使館の人と面接をして(留学先の大学はどこ?何を学ぶの?などを聞かれた)、面接の最後にビザ発給の許可を伝えられました。思ったよりすんなり終わったので、案内係の人に「これ終わったら出てっていいんですよね?」って聞いてしまいました(笑)。

二時間ぐらいかかるのかと思っていましたが、大使館に来てから出るまで1時間もかかりませんでした。あとはビザが送られてくるのを待つのみです。

ビザは取得できそうです。 が、まだまだやることは色々残っています。航空券の購入、保険の加入、アメリカで使うケータイの申し込みなどなど・・・。

 

全てを順調に済ませ、タケは無事アメリカにたどり着けるのか?!

2016年1月中旬公開予定。乞うご期待!!